引越しの保険を確認

高級家具を運んでもらうなら保険の確認を

引越しをする時、ほとんどの人が引越し業者を利用すると思いますが、
一般的に引越し業者では運送業者貨物賠償責任保険に加入しており、万が一の時に保証されるようになっています。

 

ただし中には保険に加入していない業者も存在しているので、引越し業者の選択の際は注意が必要です。

保険の限度額
引越しの際に荷物を破損、紛失した場合に業者はこの運送業者貨物賠償責任保険で賠償することになります。

ただ、一般的に上限が1000万円程度となっており、それ以上の賠償は不可能で、さらに補償の範囲も限られています。

保証の対象
補償されるのは輸送中、保管中、積み込みや荷卸し中、業者による梱包や開梱中の場合で、業者の過失のある事故や盗難などで荷物が破損、紛失した時です。

 

例えば引越し業者では現金や有価証券、貴金属などの貴重品は運送しないのが一般的です。

 

最初に業者から断られているのにもかかわらず、荷物に入れてしまい紛失したという場合は保証されません。
業者に過失があると判断された場合のみ保証されるのです。

 

また、業者が貴重品の運送を了承したとしても、万が一の時の上限は1000万円までです。
それ以上の価値があっても1000万円までしか保証されません。

 

また、運搬は業者にお願いしても梱包は自分でやったという時は、梱包が不十分だったから保証できないと言われることもあります。
そのため保険があるから安心と思っていても、実際はトラブルになることも珍しくはありません。

財産を守る対処法
家具や家に傷がついたという場合も、いつついたキズなのか証明できなければ保証は難しいため、

運搬前の状況を業者に確認してもらう、写真を撮っておくなど対策が必要かもしれません。

 

貴重品を運搬してもらいたいとき、高価な家具を運搬してもらう時、または個人で引越しする場合は自分で保険に加入することも可能です。

 

損害保険会社で加入することもできますし、引越し業者で代理店業務を行っているところもありますから、自分に合ったプランを選ぶと良いでしょう。