引越し家具の養生

養生はしっかりしないと荷物だけじゃなく建物にも傷が付きます!

引越しをするときに業者に依頼すると、家具だけでなく荷物を搬出・搬入する動線にも養生をしてから運びます。

 

 

しかし、荷物が少ないなどの事情で業者に依頼せずに自分で運ぶ場合には、荷物や住居を傷つけないように自分で注意して運ばなければなりません。

 

 

一人暮らしなどの場合、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電でもそれほど大きさも重さもありませんので、運ぶこと自体はそれほど大変ではありません。

 

 

しかし、普段運びなれていない人が運搬しようとすると、どうしても周囲に目が行き届かずに過度や手すりなどにぶつけてしまう可能性がありますので、最低限の養生はしておいた方が無難です。

 

 

荷物の養生方法はいろいろありますが、ガラスなどの割れやすい物がついている場合には、それらをはずして新聞紙や緩衝材などで包むと安心して運ぶことができます。

 

 

 

また、家電類はコードが足元に絡まないようにきちんと結んでからテープなどで留め、特に重要な基盤類が入っている箇所は使わなくなった毛布やバスタオル、緩衝材などで包んでおくと良いでしょう。

 

このとき、運ぶ際に手がかりになる場所を空けておかなければ、実際に運ぶときにつかむところがなくなって帰って手がすべることがありますので要注意です。

 

 

 

ぶつけやすい角にはダンボールなどでカバーをつけておくと、荷物だけでなく住居も守ることができます。

 

 

これらの養生をするときには、安易にテープなどを使うと後からはがすときに塗装がはがれたり、あとが残ることがありますので、材質に応じて紐で縛ったり荷物に触れないようにテープで貼るなど適宜工夫をしましょう。

 

 

 

梱包に必要な緩衝材などはホームセンターでも販売していますので、用意しておくと便利です。

 

 

業者にて運んでもらう方は、当日に専用キットで梱包してもらえるのでこちらで動くことはありません。

 

 

タンスの中身は、割れ物や重い荷物が入っている場合のみ別個、梱包すべきですが、
特に指示が無ければそのままにしておいて問題ありません。