引越し役所手続き

引越し役所手続きのまとめ

引越しの際、役所で行うべき手続きはいろいろあります。

 

住民票の変更
まずは住民票の変更で、これはもともと住んでいた地域と引越し先の両方の役所に出向く必要があります。

もともと住んでいた地域では転出証明書を交付してもらい、その書類を持って転居先で転入手続きを行います。
転入届は転居してから14日以内に手続きしなければならないので注意しましょう。
ただし、同じ市町村内での引越しの場合は、転出するわけではないので手続きは住所変更のみとなります。

印鑑登録の変更
役所で印鑑登録をしている場合は、印鑑登録の廃止手続きも行います。

必要な場合は転居先の役所でまた新しく印鑑登録を行います。

健康保険

自営業などで社会保険に加入していない場合、国民健康保険の返納手続きを行わなければなりません。
面倒ですが、一度返納してから転居先でもう一度交付手続きを行うことになります。

年金

同じく自営業などで厚生年金ではなく国民年金に加入している場合は、国民年金の住所変更を行います。
これは転居先の役所で手続きをするだけで大丈夫です。

お子さん・高齢者の方・動物

また、子どもがいる場合は乳児医療や児童手当、高齢者がいる場合は老人医療や老齢年金などの手続きが必要ですし、犬を飼っている場合も手続きが必要です。

 

民間企業への住所変更は、電話やインターネットで手続きが可能な事も多いですが、役所での手続きは出向いて手続きをしなければなりません。

 

しかも1か所で手続きできるわけではなく、各窓口で手続きをしなければならないので、あっちへ行ったりこっちへ行ったりでかなり面倒でしょう。
直前になって慌てる事のないように、できるだけ速やかに手続きしたいものです。

 

 

地域によって対応が違う事もあるようですが、役所では一般的に14日前から受付しています。
また手続きの際、身分証明書や印鑑などが必要になりますから、手続きに必要な持ち物をあらかじめ調べておくと良いでしょう。

 

 

例えば新居の住所や電話番号が必要になる事もあるので、

 

必要書類を忘れてまた後日に手続きに行かなければならないとなると面倒ですから、役所のHPや電話で持ち物を確認しておきましょう。