引越しで家具を処分する方法

家具を処分するには売れるものが少ないため自治体への依頼が最もポピュラー

引越しを行うという際には作業をしていて出たゴミなどを捨てる必要がありますが、大型ゴミ、つまり家具を処分する時には必ず費用が発生してきます。

 

 

 

運搬前に発生した大型ゴミを捨てるというような場合、基本的には契約している運送業者のサービスを利用するのがもっとも効率的ということになります。

 

 

運送業者、特に引越しを得意としているような業者の場合には、自社で大型ゴミを処分できる環境を用意していたり、ゴミの処分を行っている業者と提携をしているケースが多いため、効率的に処分をしてもらえる場合が多いのです。

 

 

もっとも個人の身体的負担が少ない方法となるのが大型ゴミ処分専門の業者を呼ぶということです。

 

こうした業者はそれぞれの家財のサイズによって料金を決定するのが一般的です。

 

シングルベッドであれば三千円から五千円前後、二人がけのソファであれば五千円から七千円程度というのが相場となっています。

 

 

もしこうした料金を支払いたくないというような場合であれば、出張買取などで家財を買い取ってもらうという方法も候補に挙がります。

 

 

とはいえこうした出張買取などで買い取ってもらえるものはさほど多くなく、特にソファなどの布製品は衛生面の問題があるため価格がつかないことも多いですし、在庫としてスペースを占有しやすいベッドなども価格がつかないのがほとんどです。

 

 

また買取してもらうことができず、かつ業者に依頼もできないというような場合であれば、各市町村が指定する方法での処分が効果的な対応となります。

 

 

市町村での大型ゴミ料金はソファやベッドといったような大きなものであっても、千円程度で済むのがほとんどです。

 

 

もちろん指定された回収場所へ移動させる手間はありますが、処分するものが解体できそうな場合には、市町村の大型ゴミ回収を依頼するのが、最も安くできる方法となるでしょう。