食器棚の引越し

食器棚の中身は全て出しておくこと。

引越し時に注意しておきたい家具は幾つかありますが、その中でも事前準備などが必要なのが食器棚ですね。

 

 

食器棚は食器や調理器具などを収納するための棚であり、多くの場合は引き出しや棚、ガラス製の扉などがついています。
大型の家具でもあるので、場合によっては搬出や搬入が難しいこともあり、取扱注意だと考えておいて下さい。

 

事前準備としてはガラス扉が傷ついてしまわないように、衝撃吸収剤などを貼って補強しておくこと、引き出しが搬出時に飛び出してこないように養生テープなどでとめておくことが重要です。

 

 

収納している食器や調理器具は取り出しておき、
食器の梱包としては割れないように新聞紙などでカバーをした後にダンボールに収納する、もしくは引越し業者から専用の収納ボックスで梱包しておくと良いでしょう。

 

割れ物が多い食器をそのままにしておくと、食器棚を動かす時に割れてしまう可能性が高くなります。

 

食器棚については比較的に事故が起こりやすい家具でもあります。
背が高いこと、重量があること、分解できない事などの理由から事故を起こしてしまいやすいものなので、できれば引越し業者に任せてしまった方が良いでしょう。

 

 

搬送や搬出についても外に出すことができなければ、分解したりしなくてはいけません。
この時も慎重に行う必要がありますので、食器棚の扱いについては事前に引越し業者を打ち合わせしておくことをお勧めします。

 

 

引越し業者によっては、上で書いたような棚を止める作業やガラス扉に関する処置も行ってくれるところがあるので、どこまで自分ですべきなのかは必ず確認して下さい。

 

場合によっては良かれと行った事前準備がかえって邪魔になってしまうこともあります。

 

また、食器棚でも古いモノに関しては、塗装が剥がれやすくなっていることも多く、ある程度は塗装がはげてしまうことも覚悟しておかないといけません。
その点も、事前に確認しておくようにして下さい。