海外への引越しで家具を送る

海外へ家具を送るなら現地で購入を推奨

海外へ仕事や生活の拠点を移す場合、考えなければならないのが家具や他の生活関連品の引越しです。

 

 

すべてを運ぶ事は現実的ではありません。必要なものを賢く選択して、最適な方法をそれぞれ選ぶ事が大切です。
必要品を運ぶ場合、その運搬法は輸送方法と、運ぶものの大きさや容量によって違ってきます。

 

 

 

業者に依頼する場合、その会社が得意な地域によって、格安な運送方法を選べますが、その会社によって料金は違います。

 

まず、最初に確認する事は、必要品は基本的に重量で課金されるしくみなので、重いものが本当に必要かどうか、大きなものについても同じく、必要かどうか判断する事から始めます。

 

 

行く先の国の環境など、今の自分の環境と比較して、
移住先が生活する環境の整った国であるなら出来るだけ生活関連品はすべて現地で調達する事をお勧めします。
渡航する国によって持ち込める荷物が決められている。家電はECマークが付いている事が必須です。)

 

 

運送業者に依頼する場合は、基本的に玄関先から玄関先までを約束されていますが、海外の場合、現地の空港までの配送となる場合があるため空港から転居先まで配送業者の手配を先に行う必要があります。

 

 

また、当面使用しないような重い荷物、大きなものを送る場合、比較的安価な船便を利用して料金を抑えることが出来ます。
しかし、船便の場合は到着時期が航空便よりも数週間から数ヶ月、場所により遅れるので注意が必要です。

 

 

発送する荷物は、自分の出発日から逆算して、前もって送る手続きを取っておきます。
直前に到着するようにし、誰かが確認してくれるのが理想です。

 

 

また、南北アメリカ大陸などへは使えない方法ですが、航空別送荷物、通称アナカンという方法は、本人が出発する前に荷物を発送すると、航空運賃が半額になるので、利用すると便利です。

 

しかしながら、家具は海外まで送るよりも現地での買い替えをされる事を推奨します。