お仏壇の引越し方法

やることが多いお仏壇のお引越し。

お仏壇も一緒に引越しをする、というケースは人生の中でもあまりない経験ではないでしょうか。

 

引越し方法がわからなくて迷うときは、普段お世話になっている檀家のお寺に尋ねてみるのが良いでしょう。

 

 

その宗派の方法を、詳しく教えてもらえると思います。

 

ここでは、ごく一般的な方法をご紹介します。

 

 

 

まず、お仏壇を移す1週間前〜前日の間に、お坊さんに精抜き(お性根抜き)をしてもらいます。

 

これは、お仏壇に安置されている仏像、お位牌、お仏壇自体から精(しょう)を抜く儀式です。

 

 

これによって、仏壇はモノとなるので、他の家具などと一緒に運ぶことが出来るようになります。

 

お寺さんには、1ヶ月ほど前に依頼しておきましょう。

 

 

 

 

それが終わったら、仏具や照明、装飾などを外して、丁寧に梱包します。

 

 

お位牌は別にしておいて、自分の手で運ぶようにしましょう。

 

 

引越し先で元に戻すときに、置き場所に迷わないように、メモをしたり写真を撮っておくと便利です。

 

 

また、お仏壇の装飾はとても繊細ですので、自分で外せないものは、無理に外したりしないで下さい。

 

 

高価な仏具も、お位牌と一緒に手で運ぶのが無難です。

 

 

 

引越しの当日は、お仏壇は一番最後に積み込み、引越し先では一番最初に降ろして、家の中に運び入れます。

 

 

引越しが終わったら、今度は精入れ(開眼法要)をしてもらいます。

 

もし檀家のお寺から遠距離で、来てもらえない場合には、当地の宗派のお寺さんにお願いすることになります。

 

 

 

お仏壇の引越しで困るのが、中には引き受けてくれない引越し業者もあることです。

 

 

業者の中では、美術品と同じ扱いになるので、運ぶのに非常に気をつかうということもあるからでしょう。

 

 

料金も、通常の引越し料金とは別に5〜6万円かかることが一般的です。

 

 

心配であれば、お仏壇引越しの専門業者に頼んでしまうのが最も安心な方法です。

 

 

荷造りから荷解きまで、すべておまかせできますので、引越し先での仏具の配置などに頭を悩ますこともありません。

 

 

必要のなくなったお仏壇周りのものの整理や、掃除も無料でしてくれますし、宗派ごとの礼儀も心得ていますので、安心して任せることができます。