引っ越し時の荷物一時預かりって?

荷物の保管サービスの料金や保証について

引越しをすると言っても、すべてがスムーズに進む訳ではありません。
時には、旧居からの退去と新居への入居に関して時期がずれてしまうこともあります。

 

 

この時に、引越しをする本人なら実家で過ごしたり、マンスリーホテルやウィークリーホテルなどに泊まることで時期を調整することもできるでしょう。
しかし、荷物に関してはどうにもなりませんよね。

 

 

そんな時に利用したいのが荷物の一時預かりです。

 

大手の引越し業者で行っているサービスなのですが、有料で一時的に荷物を預かってくれます。
サービスの名称は各引越業者によって異なっていますが、内容はほとんど同じものですね。

 

 

『荷物預かりサービスが可能な大手業者を抜粋。』

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • ダック引越しセンター
  • 佐川引越し(SGmoving)

 

 

引越しだけではなく、家の建て替えやリフォームを行う時でも利用することができます。
引越し業者の一時預かりサービスを利用するメリットは料金が安価であることです。

 

 

 

各業者によって相場は異なりますが、およそ畳1畳分のスペースを借りた時、月額で10000円前後になります。

 

1ヶ月に満たない期間での預かりなら料金を日割り計算してくれる業者もあり、かなり良心的な価格だと言って良いでしょう。

 

 

荷物の一時預かりというと、トランクルームなどを利用するケースもありますが、料金的なことを考えると引越し業者の一時預かりサービスの方がお得に利用できます。

 

 

 

トランクルームは地方によっても料金が異なってきますが、先ほどと同じ1畳分のサイズだと月額で15000円程度なので、いかに引越し業者が割安であるかが解るでしょう。

 

 

荷物を置くためのスペースが増えたとしても、トランクルームよりも安価で済むことが多く、荷物の量に関しても色々と相談することができます。

 

 

保証はどうなの?

 

また、一時預かりサービスを利用している時に万が一のことがあった場合、運送業者貨物賠償責任保険が対応しています。

 

この運送業者貨物賠償責任保険は正式な認可を受けた引越し業者のみが加入できるものであり、上限1000万円までの補償があります。

 

 

保管中に盗難にあうなどがあれば、補償されますので安心して荷物を預けることが可能ですが、心配であれば引越し業者に補償範囲などを確認しておくと良いでしょう。