ダイニングテーブルの引越し準備

大型であれば、搬出と搬入の経路を事前に確認

引越しの時に注意したいのが、大型家具を運ぶことですが、
特に大きめのダイニングテーブルになると搬出するのも大変ですし、配送してもらったとしても引越し先で搬入することができないこともあります

 

 

組み立て式のダイニングテーブルであれば、搬出する時も搬入する時も分解した状態で運ぶことができ、
また、配送するトラックの荷物スペースもムダにとらなくてすみますし、キズがつかないように梱包をするのも容易になります。

 

自身で梱包する際には、足を分解し、段ボールに詰め名称を記載しておきます。
テーブル上面は傷が付きやすいため、プチプチなどで簡易養生を行い、ガムテープで固定しておけば問題無いでしょう。

 

 

 

逆に、組み立て式ではない場合、かなり厄介ですね。
玄関から運び出せれば良いのですが、玄関からは無理だとなると家の裏手から運び出すという方法をとらざるを得なくなってきます。

 

 

戸建ての家に住んでいる人やマンションでも1階に住んでいるのなら、特に問題なくできる搬出の方法ですね。

 

 

しかし、2階以上に住んでいるという場合ですと、クレーン車のようなものでつり下げて運び出さないといけないこともあります。
この時、クレーン車を利用するのなら、別途料金が発生するのが一般的です。

 

搬送先で入らないといった時も2階以上であれば、同様にクレーン車を使って運び入れることにあります。

 

組み立て式ではない以上、分解するのは危険なので、入る場所から入れるしか方法はありません。
大きめのダイニングテーブルを引越しで運ぶのなら、事前に綿密な打ち合わせをしておくことをお勧めします。