引越しでタンスの運搬前の準備

基本的には中身は全て出し、個別に梱包を行います。

 

引越しでタンスを運ぶ場合には、ほとんどの業者から言われることが、
タンスの中身を空にしておいて下さいという注意点です。

 

 

タンスの重量は見た目と違い、かなり重くなります。

 

衣類も段ボール数箱分が入っており、強引に運ぶことも可能ですが、タンスが変形したり底抜けしたり破損する場合があります。

 

 

大きさや種類によっては、衣類はそのままでもよいと言われる場合もありますので、見積もりの際に引越し業者に直接確認します。

 

 

 

衣類は不要なものがあれば処分することが前提ではありますが、ほとんどの衣類は残ります。

 

 

段ボールに詰める際には、タンスの引き出しのどの位置にあったものなのかを後で確認できるように明記しておきます。

 

 

 

ハンガーラックとセットになっている場合も、全て出して梱包する必要がありますが、
引越し業者には持ち運び用のハンガーボックスを借りることができますので、必要な数を依頼して下さい。
(通常、必要数は無料レンタルです。)

 

 

 

また、タンスの養生は原則は不要です。

 

自分で運ぶ分には必要ですが、業者依頼の場合は当日に専用の梱包キットを利用し養生をしてもらえます。

 

 

自分で引越しする際には、手間だからといって中身を残して運ぶことは避けるべきです。繰り返しになりますが、移動時に危険を伴いますし、タンスそのものが壊れる可能性があります。