引越し家具のみ

もしもの破損の場合は保証で弁償してくれるの?

 

引越しというのは大量の荷物を移動する作業ですので、特に運ぶものが多いときほど運搬中に家具が破損するなどのトラブルが生じる可能性が高くなります。

 

 

搬入や搬出で住居にぶつけてしまったり、手がすべるなどの状況で荷物を落としてしまったり、

 

車での運搬中に高温や多湿、衝撃などを受けてしまったなど原因は様々ですが、新居に移った後でこのように荷物が一部破損した場合には、状況に応じて対処しましょう。

 

 

 

まず、全ての作業を業者に依頼していた場合の対処法としては、破損しているものを業者に見てもらい、しかるべく手続きをとってもらいます。

 

引越業者は荷物の運搬中の自己や破損等についてはほぼ確実に保険に加入していますので、
引っ越している間の破損であると認められれば規定に従って補償を受けることができます

 

家具の引越しで多い破損の事例は、運搬時に中身の重みによって底が抜ける、扉のゆがみ(開かないしっかり閉まらない)、養生にテープを利用し塗装のはがれが起きるなどを確認して下さい。

 

賠償が認められた場合は、修復にかかる費用が限度額、修復不可の場合は現状での価値から賠償額が算出されます。

 

また、荷物の運搬だけを依頼している場合には、荷開きや荷造りのときについた傷かどうかということを確認しなければなりませんので、100%補償されるとは限りません

 

この場合には、荷物を運ぶ前から傷があったかどうかと言うことが重要なポイントになりますので、このようなトラブルを避けるために特に高額なものについては、あらかじめ写真にとっておくことをお勧めします。

 

 

 

次に、自分で荷物を運搬した場合には、当然修理や買い替えの費用は全額自己負担になります。

 

この場合には、ほかには損しているものがあれば二度手間になりますので、できるだけ全ての荷物を開いて確認したうえで必要なものを購入するようにしましょう。

 

また、運搬の際にはできるだけ荷物や住居を傷つけることがないように、緩衝材などを購入してきちんと養生してから運ぶようにすると、トラブルを未然に防げます。